スポンサーサイト

  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    PHPListインストール

  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
    せっかくファイルを公開したので、いまさらではありますが、
    自分の備忘録も兼ねてインストール方法を記載しておきます。

    OSですが、CentOS5.2を使いました。
    こちら
    自分のなじみのあるところから選ぶのがよいと思いますが、
    メールサーバの構築方法や、いろいろな情報が多いので、
    なんだかんだで、CentOSが楽な気がします。

    1.OSのインストール

    OSインストールで実施したことは、

    ・日本語選択
    ・パーティション1つに
     →恐らくspool領域だけ気をつければどのように切っても問題ないと思います。
    ・パッケージカスタマイズ
      不要なものを取り除きベースシステムのベース、MySQL、Webサーバの
      あたりを加えました。
      足りないパッケージがあったら後で追加します。

    2.パッケージの展開と設定
    こちらで取得したファイルをWebサーバのDocumentroot以下に展開し、lists/だけ
    /var/www/html/に移動しました。
    具体的には/var/www/配下で


    # tar zxvf phplist-2.11.3_dip_xxxx.tar.gz
    # mv phplist-2.11.3_dip/public_html/lists/ ./html/



    ここで、configファイルを編集するまえに、DBを作っておきます。
    OSインストール直後はMySQLが停止しているので起動します。


    #service mysqld start
    # mysql -u root -p
    mysql> create database phplistdb charset='utf8';


    ※MySQL初回起動直後なので、本当は何もなくてもOKだったりします。

    ようやく、lists/config/config.phpの編集です。
    確認ポイントは以下です。

    $database_host = "localhost";    //26行目
    $database_name = "phplistdb";   //29行目
    $database_user = "phplist";     //32行目
    $database_password = 'phplist';    //35行目


    下記あたりも適宜変更。
    [行数]
    73 # $message_envelope = 'listbounces@yourdomain';
    77 $bounce_protocol = 'pop';
    86 $bounce_mailbox_host = 'localhost';
    87 $bounce_mailbox_user = 'popuser';
    88 $bounce_mailbox_password = 'password';


    そして、二年ほど前に私がはまった箇所なのですが、
    195行目の

    define ("TEST",0);

    ここを0にしないとメールが発信されません。
    後は、SMTPサーバの設定などがあります。環境によっては
    かえる必要があるかと思います。

    また、PHPMailerの設定はHTMLメールを送りたいことから
    使う設定にしています。
    このために、各所の日本語変更が生きてくるわけです。

    3.ブラウザからインストーラー起動

    さて準備が整い、インストーラーを起動できるわけですが、
    CentOS5.2を入れた場合(他でも多いとは思いますが)、
    iptablesが邪魔してWebにアクセスできませんので、止める
    または、httpのポートを空けておきましょう。
    私はひとまず停止しました。


    #service iptables stop



    あらためて、ブラウザからと思ったらやはり抜けが判明しました。
    php-mbstringを入れ忘れています。

    CentOS5.2では、fstabからcdromの項目が消えているので、


    # mkdir /mnt/cdrom
    # mount /dev/cdrom /mnt/cdrom/
    # rpm -ivh /mnt/cdrom/CentOS/php-mbstring-5.1.6-20.el5.i386.rpm
    # service httpd restart



    こんな感じでマウントとrpmパッケージのインストールを行います。
    Apacheの再起動も忘れずに。
    それでは、ブラウザからアクセスします。

    http://FQDNまたはIPアドレス/lists/admin/

    最初のアクセスは時間がかかると思います。
    インストールが終わっていなくてもDBの確認に行って、
    タイムアウトするのを待っている様です。

    ここで、

    「警告: PHP magic_quotes_gpc = on のときよく機能します。」

    こんなメッセージが出ていると思います。
    触れて来ませんでしたが、listsディレクトリにはあらかじめ、
    .htaccessが用意されてますので、状況に応じて、.htaccess
    を利用可能にするのがよいかと思われます。

    「データベースの初期化」リンクをクリックして先に進みます。
    「次を続ける:phplistセットアップ」で次に進みます。

    後は、セットアップに適宜、自分の環境の値を入れてください。

    ライセンス無料で、ここまでの機能を持っていれば十分ではないかと
    思います。
    日本で使う中では、文字コードの問題が大きいと思いますので、
    他のクリックトラックや、バウンスメールの処理(エラーメール)機能
    などなかなかのものです。

    属性差込もできますので、企業での取引先向けのメルマガ配信など
    には十分すぎるほどの機能でしょう。
    コンシューマ向け、特に携帯電話向けのメールなど大量で
    細かな処理が必要なものは厳しい印象をぬぐえませんが、
    小規模に行う場合は使えるのではないかと思います。

    今回PHPMailerへの文字コード変換の修正をせっかくやったので、
    携帯各社向けの文字コード変換の実装も決めうちで盛り込んでみても
    よいかなと思っています。

    長い内容にお付き合い頂き、お疲れ様でした。
    次回以降、他のアプリケーションに触れられるかと思います。
    お楽しみに。





    スポンサーサイト

    theme : Linux
    genre : コンピュータ

    PHPList日本語化改修版変更点の追記

  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
    前回公開した「PHPList日本語化改修版」のオリジナルからの
    変更点を追記しておきます。
    defaultconfig.inc
    ファイルを私独自の意訳した日本語にしています。
    オリジナルファイルは、defaultconfig.inc.orgとしています。


    theme : Linux
    genre : コンピュータ

    ご案内
    google検索
    カスタム検索
    カテゴリ
    最新記事
    Amazon
    カテゴリー&RSS
    RSS新着情報

    plugin by F.B

    検索フォーム
    最近のコメント(コンパクト)
    データ取得中...
    リンク
    フリーエリア
    RSSリンクの表示
    カレンダー
    09 | 2008/10 | 11
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    ブックマーク
    Yahoo!ブックマークに登録
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。