スポンサーサイト

  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    メール配信phplist使い方メモ(2)

  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
    2.10.7の更新作業で中断してしまいましたが、phplist使い方です。

    今回は、まずセットアップ(環境設定)を行います。

    1.環境設定


      ログインすると右側のメニュー一覧の一番上の方に「メインページ」メニューがあります。
      すべてはここからです。
      メインページの「セットアップ」ページに入ると、必要最小限の作業に関して、
      チェックリストになっており、すでに設定出来た項目は、チェック、まだ設定できていない
      ものは、×印になっています。
      上から順に設定して行きます。

    1.1 管理者パスワードの変更


      まず、管理者パスワードです。
      インストール直後では、adminというアカウントでphplistというパスワード
      になっていると思います。
      ※インストール前に設定ファイルなどを編集している場合は、
       この限りではありません
       ご自分で設定したパスワードと置き換えてください。

       単純にパスワードを変えて変更を反映させればOKです。

    1.2 一般的な値の設定


      ここでは、ドメインや、システム管理者のメールアドレス、基本的な
      ユーザ通知文を設定します。
      デフォルト状態では、defaultconfig.incの値が入っていますし、
      ドメインなども、自動的に入りますので、サブドメインなどで、
      変更が必要なければそのままでかまいません。
      
      ちなみに、バウンスメールの処理を考えると、
      メール配信サーバを独立させて、そのホストで
      すべて処理する方が、DNSなどの変更が少なく、
      問題も切り分け易いのでお勧めです。
      例えば、demoexample.comというFQDNでメール配信サーバを運用し、
      エラーが発生した際にも、bounces@demo.example.comというアドレスを
      バウンスメール処理のアドレスに出来れば、DNS上で、MXレコードを
      追加しなくても、基本的にはこのホストにメールが戻ってきます。
      インターネットの出入り口にSMTPgatewayなどがある場合は、
      戻りメールがキチンとリレーされるか確認する必要はあります。
      
      
    1.3 属性の設定


      属性の設定とは、メールマガジン購読者のプロフィール情報を
      格納する器です。
      例えば、お名前、住所、電話番号などです。
      まあ、このご時勢なので、無意味に個人情報を取得するのはお勧め
      出来ませんが。
      チェックボックスなどの複数選択型のデータや、
      選択というプルダウンの択一選択型、日付、ラジオボタンなど
      の属性を作成できます。

      ここで、チェックボックスや、ラジオボタン、選択などの複数の回答を
      作成すべき、属性を作成した場合は、メインページに戻ると属性メニューの下に
      該当する属性名が表示されますので、ここから複数の回答を作成します。
      このあたりの画面遷移は、ちょっと癖があるかもしれませんが、一度使ってしまえば
      問題なく、使用できるでしょう。

    1.4 リスト作成


      リストは、メールマガジンごとの購読者リストとなります。
      購読ページで、複数のリストのうちから、どのメールマガジンを
      購読するかなどの選択肢となったり、オーナー権限を設定することで、
      該当リストに対するメール配信の権限を完全に委譲してしまうことも
      可能です。

    1.5 購読ページ作成


      購読ページを作成しなくても、システムデフォルトの購読ページは
      lists/でアクセスすることで利用できます。
      ただ、リストごとの購読ページでデザインを変えたり、
      リストごとで、必須属性を変えたりという必然性は発生しやすいと
      思いますので、その場合は、こちらで専用の購読ページを作成を
      作成して、自由に変更できます。


    以上で、基本的な環境設定は完了です。
    リストにユーザを手動で追加してしまえば、すぐにでも、
    メール配信を行うことが可能です。

    次回は、リストへの登録、出来れば、簡単にメール配信するあたりに
    触れられればと思います。


      
    スポンサーサイト

    theme : Linux
    genre : コンピュータ

    comment

    Secret

    ご案内
    google検索
    カスタム検索
    カテゴリ
    最新記事
    Amazon
    カテゴリー&RSS
    RSS新着情報

    plugin by F.B

    検索フォーム
    最近のコメント(コンパクト)
    データ取得中...
    リンク
    フリーエリア
    RSSリンクの表示
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    ブックマーク
    Yahoo!ブックマークに登録
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。