スポンサーサイト

  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    メール配信phplist使い方メモ(4)

  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
    本日は、phplistでのメールテンプレート、メール配信に関して触れて行きます。

    本題に入る前に、本日は、即時にメールを送る部分に触れて行きますが、
    コマンドラインでの設定、lynxの利用、wgetの利用などで、希望時刻に
    配信を予約することも出来ます。

    これは、PHPlistカテゴリで後日触れたいと思います。

    3.1 テンプレートの編集


      まず、メール配信する際に利用できるテンプレートに関してです。
      もちろんテンプレートを使わずとも配信は出来ますが、HTMLメールで
      決まったヘッダ・フッタがある場合は、登録しておくと便利です。

      まず、右のメニューあるいは、メインメニューから「テンプレート」メニューに入ります。
      「新規テンプレート追加」をクリックすると、WYSIWYG(FCKeditor)つきの画面に
      なると思います。
      ※IEや、firefox等の対応ブラウザでない場合は、ただのテキストエリアとなります。
       ご注意ください。
      テンプレートのタイトルを決め、実施に編集に入ります。FCKeditorを使ったことの
      ある方であれば、何も説明することはありませんが、HTMLメールを編集する場合は、
      WYSIWYGの左上のソースボタンにより、HTML表示とソース表示が切り替わりますので、
      適宜切り替えながら編集してください。
      
      豆知識としては、HTMLメールを作成する場合、既存のWebサイトからコピペで、
      貼り付けることが出来ます。
      例えば、企業のメール配信で、ヘッダ・フッタはWebを踏襲したい場合などは便利です。
      ただし、貼り付けただけの場合、動的なサイトの動的部分などは反映されないので
      注意してください。
      また、IEなどで、ソース表示から、HTMLソースを貼り付けることも可能です。
      この場合の注意点は、相対パスなどになっている場合、HTMLメールでメールを
      送信すると、画像などが表示されません(当然と言えば当然ですが)。

      飾りつけが出来ましたら、[CONTENT]を忘れずに挿入するようにしてください。
      [CONTENT]は、メール送信画面で、入力される本文が差し替えられます。
      つまり、ヘッダ、フッタをテンプレートとする場合は、本文を挿入する、真ん中
      部分に[CONTENT]タグを挿入しておくことになります。

      最後に、一番したに、チェックボックスがいくつかあります。
      phplistでは、画像や、URLのチェックをしてくれます。
      チェックを入れましょう。
      ちなみに、仮に、phplistのサーバ内側から、DNSサーバの解決が行えない環境
      (あまりないと思いますが、私が試した環境がたまたまそうでした)では、
      チェックが有効に機能しない場合があります。

      これで、テンプレートが出来ました。
      テンプレートメニューに戻って、プレビューしてみましょう。
      閲覧をクリックすると見ることが出来ます。

      こんな感じで、[CONTENT]に仮の文章が挿入されプレビューされます。
      phplist_template


    3.2 メール配信


      メール配信は、右メニューから「メッセージ送信」メニューに入ります。
      ここでも、まず、FCKeditorの画面に入ります。
      メッセージ送信メニューは、コンテンツ、フォーマット、スケジュール、クライテリア、
      リスト、雑則のタブからなります。
      すべてのタブを見る必要はありませんが、それぞれ使うと便利なので、触れておきます。
      
      コンテンツ・・・先に触れた本文を記入します。作成した属性を[ ]でくくることで、属性差込
              ができます。使えるタグは多数ありますが、ここでは割愛します。
              設定ファイルを変更することで、マルチパートメール用のテキストボックスが
              下段に出現します。
              変更したら必ず、「変更を保存」を押しましょう。

      フォーマット・・・HTMLメール、テキスト、両方と選択することが出来ます。
               先ほど作成したテンプレートをプルダウンから選択します。
               ここでも保存を忘れないでください。

      スケジュール・・・通常は、過去の時間が表示されているかと思いますが、
                未来の日付や時間を指定して予約することが出来ます。
                未来の時間を予約するためには、キュープロセスを実行する
                ための手続きが必要です。後日phplistのカテゴリで補足します。

      クライテリア・・・絞込みのための条件を選択できます。
               選択やラジオボタンなどの選択型の属性を作成してあれば、
               ここで、対象を絞り込めます。
               例えば今回のメールは女性だけに送りたいなど。

      リスト・・・配信先リストを選択します。

      雑則・・・配信時の最初と最後にアラートメールを送ることが出来ます。

      以上、それぞれ編集して保存したら、最後に、リストタブの
      「選択したメーリングリストにメッセージを送信する」ボタンを押します。

      スケジュールで、過去の時間のままにしておけば、即座に配信が始まります。

      キューの処理で配送状況を確認しましょう。

      本日出てきた、予約配信や、バウンスメールに関しては、別途触れます。
      

      
       
      

    スポンサーサイト

    theme : Linux
    genre : コンピュータ

    comment

    Secret

    ご案内
    google検索
    カスタム検索
    カテゴリ
    最新記事
    Amazon
    カテゴリー&RSS
    RSS新着情報

    plugin by F.B

    検索フォーム
    最近のコメント(コンパクト)
    データ取得中...
    リンク
    フリーエリア
    RSSリンクの表示
    カレンダー
    09 | 2017/03 | 10
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    ブックマーク
    Yahoo!ブックマークに登録
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • 月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。